歯科衛生士を学ぼう

歯科衛生士の国家試験は合格率が高い

歯科衛生士の国家試験は合格率が高い 「歯医者さんのお世話になったことなど生まれてから一度もない」などと言う人は、たぶん探してもいないでしょう。
それくらい歯医者さんは、私たちが生活していくうえで身近な存在です。
その歯医者さんに行くと、可愛いユニフォームを着た人が歯磨きの仕方を指導してくれたり、歯石を取ってくれたりしています。
これが歯科衛生士さんです。
歯科衛生士になるには、3年以上専門学校や短大、大学などで学び国家試験を受験する必要があります。
今、歯医者さんはコンビニの数より多いので、需要は沢山あります。
現在、毎年7000人前後が受験していますが、合格率は95%前後と高いです。
平成20年から27年までの合格率を見ると、最高が平成21年の97.2%、最低が平成20年の95.3%です。
学校できちんと学んでいれば、合格できます。
中には何年間も合格率100%をキープしている、という学校もあります。
平成27年の国家試験は、3月6日に全国10の都道府県で行われました。
受験料は1万4300円で、合格発表は3月28日でした。
2014年現在の歯科衛生士の人数は、約11万6300人です。
ほとんどの学校は女性のみの募集となっていますが、大学の中には男性もOKの学校もあります。
平成24年6月の時点で、男性の歯科衛生士も43人います。
一生使える資格ですので、興味のある人は学校見学などに行ってくると良いでしょう。

歯科衛生士の国試対策の方法とは

歯科衛生士の国試対策の方法とは 歯科衛生士の免許を取得するためには、国家試験に合格しなければなりません。
国家試験は例年6千数百人が受験しており、合格率は95%を超えています。
他の国家試験と比較すると著しく高い合格率であるため、受験すればほぼ自動的に合格できると考えがちですが、歯科衛生士国家試験では択一式問題が220問出され、合格するには正答率が6割に達していなければならないため、不合格とならないようにしっかりと試験対策をしなければならないものであることに変わりはありません。
歯科衛生士国家試験の対策をどのようにしていけば良いのかというのは、受験者の誰もが直面する悩みですが、試験対策の基本はなんといっても過去問演習です。
国家試験は午前の部と午後の部にわかれており、それぞれ2時間30分の試験時間がありますが、出される問題の数が非常に多いので、繰り返し問題演習をして、出題傾向を把握することが重要です。
また、試験の雰囲気をつかみたい場合は模擬試験を受けるのも有効な国家試験対策となります。
歯科衛生士の養成施設では、年に数回模擬試験を開催しており、結果はこまかく分析された上で受験者に通知されます。
通知される書類では、本番で合格ラインに到達する可能性がどれくらいあるかだけでなく、どの試験科目が弱点なのかもわかるようになっており、模試後の勉強に大いに役立ちます。

おすすめの歯科衛生士関連リンク

東京の伝統ある歯科衛生士専門学校です。

歯科衛生士を目指す