歯科衛生士を学ぼう

歯科衛生士の求人の色々について

歯科衛生士の求人の色々について 歯科衛生士は専門の教育課程をおえ、国家試験に合格した専門職です。
単独で診療を行うことができないので、その多くが歯科医院や病院に勤務することになります。
ほかには市町村の保健センターや都道府県管轄の保健所に、歯科衛生指導を担う立場をして働いたり、歯科関係の企業が求人を出すケースなど色々あります。
医院や病院の勤務にも色々あり、歯科医の診療補助が主ですが、患者さんに予防歯科や治療後の予後の過ごし方などの説明をしたり、医院によっては受付や事務作業もする場合があります。
企業に就職した場合には、自社製品のプレゼンテーションをする際に、歯科衛生士としてデモンストレーションをすることもできます。
有資格者でないと基本的には口腔内に触れることはできないので、営業職と組んで外回りをしたり、パンフレットの校正に加わったりすることもあります。
医院や病院は人手不足のことも多く、求人誌や掲示板に求人広告を載せる機会もよくあります。
地元紙やインターネットで探しやすい職種です。

歯科衛生士の資格の内容と活用

歯科衛生士の資格の内容と活用 歯科衛生士の資格は国家試験を受けて合格することで取得できます。
試験の内容は歯や口腔を除いた人体や歯・口腔の構造と機能、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論などです。
マークシート方式の試験で、実技や面接などはありません。
毎年95%以上が合格する試験となっています。
受験は誰でもできるわけではなく、指定の歯科衛生養成機関で所定の課程を履修し卒業する必要があります。
養成機関には大学、短大、専門学校があります。
これまでは履修期間は2年制以上とされてきましたが法改正により2017年4月1日をもって3年制以上となりました。
短大でも3年制となります。
歯科衛生士の資格が活用できるのは歯科です。
この資格を持っていると、歯科助手と違い、患者の口に手を入れて虫歯の処置や歯石取り、フッ素の塗布といった行為を行うことができます。
活用できる場は歯科医院がメインですが、歯科衛生士としての経験が5年以上あるとケアマネジャーの受験資格が得られます。