歯科衛生士を学ぼう

通信で歯科衛生士の資格は取れるか

通信で歯科衛生士の資格は取れるか 歯科衛生士の資格は国家試験を受験することになります。
ところが受験資格として文部科学省や厚生労働省が定める歯科衛生士養成機関で3年以上修業することが条件になっています。
仕事や育児など学校に通う時間をとりづらい人にとって3年間も続けて学校に通うことはとても難しいことですが、歯科衛生士は通信教育のみで資格を取得することができません。
学校に通わない通信教育のみでは試験を受けることができません。
歯科衛生士は口腔や健康に関わるいろいろな知識を学ぶことになり、実際働き出してから即戦力となるため学校でしか身に付かない知識が必要になります。
昼間に都合がない場合には、数は多くありませんが専門学校の中には夜間部が置いている学校もあります。
基本的には夜間部であっても3年制ですが、1日の授業は2コマ3時間程度になっているため昼間働いている人であっても無理なく学ぶことが可能です。
短時間で必要なことをしっかりと学べるように、効率的なカリキュラムを組まれています。

通信学校で歯科衛生士の道が開けます

通信学校で歯科衛生士の道が開けます 医療系の職業につきたい、手に職をつけたいと考えるなら歯科衛生士は良い選択です。
歯科衛生士は歯科助手とは異なり国家資格が必要になるため、勉強して国家資格に合格することが必須になります。
勉強するためには医療系の大学、短大、専門学校などに3年間通う必要がありますが、通信学校でも歯科衛生士への道は開かれているのです。
通信学校と言ってもいくつかありますが、その中のひとつの通信教育では歯科助手になれますが、歯科衛生士にはなることはできません。
衛生士としての道が開かれている通信学校は、通信制がある大学などです。
国家試験を受けるためには国が定めた養成機関で学ぶことが必要で、養成機関が多くあるのは専門学校があります。
歯科系大学付属の専門学校もあり、付属の歯科病院で臨床実習を行なうなどそれぞれに特徴があります。
一般的には3年制の昼間部が主流で、働きながら資格をとりたいというニーズに向けて夜間部を設置している学校もあります。